お前らは先に行け!

30代関東リーマンの、日々の暮らしや体験記。

僕も億男になりたい

億男を読みました。

弟の借金を抱えたため、妻と娘に愛想をつかされてしまった主人公、一男。
借金返済のために、昼夜問わず働き続ける生活をしていたが、ある日、宝くじで3億円を手にしてしまう。いきなり手に入れた3億円の使い道に困り、学生時代の親友であり、今や成功者となっている九十九のもとを訪れる一男だが、3億円を持って九十九は消えてしまう。

消えた九十九と3億円を追いながら、様々な人とお金の世界に触れていく一男は知らなかった価値観に気づいていく。金とは何か、幸せとは何か、を問う作品。

億男 (文春文庫)

億男 (文春文庫)

 

 

以下、感想です。

  • 話はとても分かりやすくシンプル。金に対する価値観も幅広く扱われており、みんなに考えてもらえる娯楽作品にしたい!という意気込みを感じる。
  •  登場人物の名前が、一男、九十九、十和子、百瀬、千住、万佐子と、みんな数字になぞらえた名前設定。分かりやすくて漫画的、ここもスゴイ娯楽作品だなと感た。
  • 色んなお金へのスタンスを持った人が出てくるんだけど、基本的に大金で人生が変わってしまった人ばかり出てくる。だから、お金に対する価値観も極端なものが多い。
  • 一男の奥さん万佐子の「人は、明日への欲があるから生きていけるんだ」というのがいい言葉だと思った。
    金で一気に全ての欲を満たしてしまってもいけないし、生きる事だけに執着して欲を捨ててしまってもいけない。欲を持つことで、「明日があるから…」とよりよい未来へ願って進んでいける、という考え。

 

いろんなお金の価値観を知り、僕も3億円が欲しいなと思いました。
もしもらえるなら、もっとたくさんあってもいいなと思いました。

そして、映画化されるようです。
藤原竜也には、怪しい新興宗教の教祖役をやっているのがいいね。
彼には、金と狂気がよく似合う。