読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お前らは先に行け!

30代関東リーマンの、日々の暮らしや体験記。

オー!ファーザー

ブックス!

久々に伊坂幸太郎さんの作品読みました。
映画化するって聞いて、その前に慌てて。

 

伊坂作品の話運びは、
場面転換にしても、トリックにしても
小説ならではの魅力もあるので、
映画の前に原作を押さえておきたいと思いまして! 

オー!ファーザー (新潮文庫)

オー!ファーザー (新潮文庫)

 

 

さて本作。
父親が4人いる高校生の物語。

 

父親は四者四様です。
主人公は、そんな父親たちから
それぞれ才能を受け継いだスーパー高校生です。

 

体育教師から、運動神経を。
元ホストからは、女性の扱いを。
大学教授からは、頭脳を。
ギャンブラーからは、博才を。

 

 だけど、そのスーパーっぷりは控えめで
4人の変わった父親との日常物語がメインな感じです。

  

本筋のサスペンスでは、いつもの巧みな伏線運びもありますが、
それは程々に、父親それぞれの愛情でほのぼのできる、
ハートウォーミングなお話でした。

 

 

作中では「息子は俺と似ている!」
と各父親が思い思いに主張して、その度に息子は辟易とします。 

私も大分いい年になってきましたが、
年々「親から受け継いだな…」と感じる面が増えてきました。

 

父も昔から白髪が多いです。禿げてはいません。
僕も禿げずにフサフサふわふわな事でしょう。

 

一方で、先祖から続く痔の遺伝子は、今の所受け継いでいません。
セーフ。

 

そんなこんなで、
ありがたく良かったな感じる所もあれば、
受け継ぎたくなかったなと苦笑する所もあったり、
それはそれは色々と。

 

そして、そんな所を感じて、
もどかしくこそばゆく、言葉にできず、
思うのです。

 「オー! ファーザー!」

 と。