お前らは先に行け!

30代関東リーマンの、日々の暮らしや体験記。

ハトマメ ~何も言えなかったあの日~

先日、アメリカから一時帰国していたTAさんと飲みました。
生活でも仕事でも、30過ぎて国際的な活動をしている人が周りに増えてきたましたね。

私の会社も昔はドメスティックな印象でしたが、ここ最近は海外向けの取組みも多く、海外在住で働いている同世代もたくさんいます。

これまでの私は、サンデージャポン内のワールドワイドニュースを欠かさず見る事で海外へのアンテナを張り巡らせていたのですが、「デーブ・スペクターを通じた情報だけじゃ偏っているな」とさすがに気づきまして、最近、社内の英語教室に通い始めました。

 

「地域を根差す」を売りに、ごく局所的なローカル感を鍛え過ぎていたため、これを機に少しでも国際人として天高く羽ばたけるといいですね。今の決意を忘れないために、英語を喋れなかったゆえの過去の失敗を、戒めとしてここに刻んでおきたいと思います。

 

高知の風呂で韓国人に取り囲まれた事件

学生時代に高知のよさこい祭りに参加していた時の話。
筆山荘という今は無きボロ宿に集団で宿泊していたのですが、その入浴中の出来事です。浴槽でのんびりしていると、見知らぬ男性から声をかけられました。

男性「あなたはお祭りに参加している人ですか?(英語で)」
私 「はい、そうです。(英語で)」
男性「??」

 

Yes,Noのコミュニケーションでいきなりつまづきます。
すると男性は

「こいや、こいや」 と断片的なワードを言いだします。

(こいやまつりの関係者かな…?それともこいやを見て、高知にも来たのかな…?)
「フロム大阪?」
「くるくる丼??」
「体育館で宿泊???」

しばらくこいや祭りに関わるキーワードを使ってコミュニケーションを計りますが、一向に通じません。

 

そうこうしている内に、体を洗っていた彼の仲間達が集まってきてしまい、私は狭い浴槽で7,8人の男性に取り囲まれます。すると彼は「こいや」ではなく「コリア」と言っており、観光に来た韓国人グループだと知ります。
全くこいや祭りは関係ありませんでした。僕が勝手にこいやを連想するよさこい脳ゆえの間違いでした。

その後、英語を喋れるっぽい男性を中心にコミュニケーションを取る事となります。

「韓国にもマスクフェスティバルがあり、それがとても賑やかなんだ」
「あなたはどこから来て、どのチームで踊っているんだ」

向こうもネイティブではないので何とか聞き取る事が出来ましたが、言い返しがうまくできませんでしたね。「仙台から来た」って言っても仙台の位置がうまく言えないし、「鳴子を持って民謡が入った曲で踊るんだ、福島では、礼に始まり礼に終わるという特別ルールもあるよ」と、言いたいことが伝えられません。

 

さすがにコミュニケーションの限界が近づき出たくなったのですが、黙って立つのも無礼かなと思い「のぼせてきたのでそろそろ…」と伝えようと思い

「Too hot! Too hot!」

と今思えば藤井隆の様な事を伝えますが、にこやかに頷かれてしまい何も伝わりません。しかし他の術があるわけではないので、顔をおあぐリアクションを追加し、too hot押しで無理やり浴槽から上がり、風呂場での日韓戦は終わりました。

 

この一連の出来事は20分程でしょうか。
その間、周りで体を洗っていた柄木田さんや吉継さんが、僕の状況に気づいていたにも関わらず、トラブルを避け風呂にもつからずに見捨てた事を、僕は生涯許さないでしょう。

 

 

今度、同じ場面に出くわしたら、

こいや祭りって面白いお祭りが大阪でもあるんだ!是非そっちにも行ってみてよ!」

せめてそんな事が言えるようになれば幸いです。

mixi日記

SNS:ソーシャルネットワーキングサービスの略称。
今や現代人のコミュニケーションの根幹を成すツールとなっている。

 

シェアやいいねを通じて、人々が持つ関心事や評価を可視化出来るようになり、多くを語らないことが美学と思われてきた日本人の中に、かくも多くの自己顕示欲が眠っていた事をつまびらかにしてきた。
SNSの世界は、10数年前には存在しなかった、全く新しい社会を誕生させたとも見る事が出来る。

その種類も実に多様だ。インスタグラム、Facebookツイッターなど、タイプの違うSNSが数多存在し、年代や趣味趣向に応じて使い分けられるようになったが、日本のSNS文化を遡ると、その歴史は必ず1つのサービスにたどり着く。

 

名は mixi。 

私をSNSの監視人にまで押し上げた、はじまりのサービスだ。

 f:id:aruaradio:20171017002457j:plain

 

最近、色んなアカウントが増えてきてパスワードを管理するのがめんどくさくなってきた私は、サービス断捨離を進めていた矢先に、すっかり使わなくなったネット上の遺跡 mixi にたどり着いた。なぜか私のアカウントのサムネイルはツバメの巣だ。何故なんだ。

「マイミク一覧」を開けば、高校時代や大学時代の懐かしい友人達の名前が刻まれているが、誰一人ログインをした痕跡はなく、長い時間の経過を感じる事が出来る。名前も実名制でないため、今や誰が誰だか分からない。

「参加コミュニティ」を覗くと、漫画やネットラジオよさこいなど、まさに当時の写し鏡である。どうやら「レゲエパンチ」というコミュニティにも入っていたようだ。「乾杯は、レゲパンかカシオレのピッチャーでお願いします」そんな事を言われる街が、日本のどこかにあるらしい。

 

そして多くの想い出が刻まれた日記を見つける。結構まめに書いていて、びっくりする。mixiは使わないけど、この大量な日記を丸々破棄するのはなんともったいない事だろう。何とか、この日記を活かしてブログと統合する事はできないだろうか。

調べてみると同じような思いに至った人は結構いるようで、多くの知恵に辿りつくことができた。

 

どうやらmixi自体にはデータをエクスポートする機能はないようだが、フリーソフトでも駆使すれば、抽出・ブログ化が容易に出来るようだ。

 

「これで、これで全ての想いがひとつになる…」

まるで人類補完計画。これからこのブログと一つになる全ての思いを振り返るため、mixi日記に目を通してみた。


…………
内容のあまりの恥ずかしさに、私はそっとブラウザを閉じた。
見てははいけない、読んではいけない。そういった世界がある。

mixiは、再び深い深いネットの海に沈んでいった。

 

絶メシリスト

高崎市が、おっちゃんが昔っから個人経営でやっているような安くて旨いメシ屋を紹介したサイト『絶やすな!絶品高崎グルメ  絶メシリスト』を公開したそうです。

地元の名物でもなく、おしゃれなカフェでもない。
わざわざ市が旗を振って紹介する必要があるのか分からない、謎の企画です。

 

昔からずっと潰れずにある。特別うまい訳じゃないけど、近くにあるからよく行った、まぁまぁなお店。皆さんの街にもありますよね。
観光で来た人はまず行かないような所ばかりだから、地元向けのプロモーションなのか、いや地元に対してもどれだけ効果があるのか、よく分からないけどじわじわ染みる企画です。

このポスターのキャッチフレーズみたいに、元も子もない感じがとてもいいです。

f:id:aruaradio:20171011233638j:plain

 

東口の焼肉屋の綾城とか、諭吉に連れてってもらった汚いうどん屋(美味しかったですよ!)はもってこいな気がする!
けど、うどん屋は高崎じゃなかったかも。

f:id:aruaradio:20171011234450j:plain f:id:aruaradio:20171011234449j:plain

20回目のみちのくYOSAKOIまつり

今年もみちよさに行ってきました。
今年は節目の第20回。ぼく自信としては、初参加は2003年の第6回から今年で15回目のお祭りです。

毎年少しずつ新しい風景がありますが、それでも帰ってきたなと感じられる時間です。
次から次へと知り合いに会って、とんでもない情報量がやってきて、あっという間に過ぎ去る。怒涛の夢のような時間です。

f:id:aruaradio:20171009175249j:plain

今年はパンフレットに20年参加のチームの座談会なんてものも載っていました。
実委もチームは学生メンバーは循環しちゃうから、20年の変遷を知る人はごくわずか。貴重な内容ですね。

f:id:aruaradio:20171009181852j:plain

 

変わったなと思うところ

会場

毎年新しい開場が出来るけど、なかなか定着しないね。東西線ができる前はベニーランドとか、西公園とか、東西線沿いに会場がたくさんできる事を夢見ていたけど、そうもいかずに難しい。
錦町も騒音問題がいつでも噂になっていたから、結局NGって事だったのかな。今年の東口はなかなかいいと思うけどもどうでしょうか。

チームの再編成

20年もあれば、各チーム栄枯盛衰があるのは当然。
その中で無くなってしまった名門チームも数知れずですが、そこのテイストを受け継いだチームとかをよく見かけます。これは、みちよさっていうより、よさこい界全体の話かな。よさこい人口全体は増加しているのかそうでないのか、気になるところです。

 f:id:aruaradio:20171009182226j:plain f:id:aruaradio:20171009181547j:plain

 

変わらないと思うところ

参加チームのテイスト

15人くらいの、地元の仲間で結成したようなチームが結構な割合いるよね。他のエリアの祭りでは絶対見かけない、地元のサークル活動から出てきたような感じ。
人数制限もなく、賞が無く、参加敷居の低かったみちよさならではの風景です。

一方で企業系チームはずっと少ないまま。前に少し出てたエスパルのチームとか、すごいらしさが出てて面白かったけど。利休とか、菓匠三全がチーム作ったら仙台らしいし絶対見るんだけどな。

屋台

みちよさは屋台がなかなかいいと思ってます。
テキヤのがメインじゃなくて、地元のお店とかが結構出てたりしてて。たまに帰ってきた身としては、つまみ食いができるのがうれしい。
毎年、ザムザムのカレーにはお世話になっています。

f:id:aruaradio:20171009175305j:plain f:id:aruaradio:20171009182746j:plain

 

来年は行くかな?なんて思っていたけど行くなこりゃ。

ステージに上がるために

webマンガ左ききのエレンが、9月に完結してしまい大変残念がっていたのですが、なんとリメイクしてジャンプ+での連載が始まりました。

作画が付いてレベルアップすると共にエピソードも追加されるらしく、これからの楽しみが出来て大変うれしい限りです!!

 

作品では「天才になれなかった全ての人へ」がサブフレーズになっています。
これが刺さるんですよ。特別な何者かになりたかった時期、皆さんにはないでしょうかね?中学校時代ですかね?

凡人はどうすれば天才に立ち向かえるのか、ステージに上がれない人はどうすればいいのか。この作品が示す答えがずっと気になって読んでいました。

 

これはスポーツ作品でも、時々出てくるテーマ。スポーツもまた才能の世界だもんね。
アイシールド21では、桜庭というキャラが「努力する天才に凡人はどう挑めばいい!?」と常に悩み倒していました。

こんなシーンもあります。悲しみの雨が降っていますね。

f:id:aruaradio:20171006174026p:plain

この悩みを「凡人がどう活躍するか?」と置き換え、身長の高い仲間と2人組で「エベレストパス」という他にはない武器を身につける事で天才どもに立ち向かいます。
「1人じゃなく2人で」と、視点を切り替えて挑むんですね。なんとも少年漫画らしい熱い答えです!

 

そして左ききのエレン。

天才にかなわなくても、活躍する道として「照らす側の人生もある」という解も見せてくれますが、クライマックスでは人生における才能への対峙の仕方を示してくれます。

f:id:aruaradio:20171006174621j:plain

何かできる事があるならやれよ
全部出し尽くして諦めろ

信じるっていうのは
いつか夢が叶う事じゃない
いつか脚光を浴びる事をじゃない
いつか思い出して誇れることを信じろ 

 

ステージに上がりたくても上がれない。やりたいのにどうやったって届かない。

ぼくも、そんな場面たくさんあったし、これから何度でもある事でしょう。
むしろ描いた舞台に上がれる人なんて、ほとんどいないのかもしれません。

それでも立ち向かわなければ、進まなければならない人生で、闘うための言葉が詰まっている作品です。

全編読んだ人いたら、好きなフレーズを語らいあいましょう!
一升瓶を用意しておきます!