お前らは先に行け!

30代関東リーマンの、日々の暮らしや体験記。

2019年10月の読書メーターまとめ

パソコンぶっ壊れてたので、めっちゃ遅ればながら、10月期の読書報告です。

10月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:2658
ナイス数:118

 10月のベストブックは「空飛ぶタイヤ」でした。



生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの感想
★3.5:ちきりんが、本人名義で生産性マインドを伝えてくれる本。人事の生産性の話がとても印象的。生産性が高い採用とは、説明会参加者や応募者人数が増えるのではなく、内定すべき数人だけが申し込む状態のこと、うむ、なるほど!前職の採用では数を追っている所があり、全方位にいい顔しがちだった。徐々に採用人気も落ちてきていたところからも、生産性の高い採用から遠ざかっていたのかなぁと。新職では、時間が限られつつも短期的に小まめなアウトプットが必要なこともあり、生産性を上げるべきタイミングで、良いものが読めました。
読了日:10月06日 著者:伊賀 泰代


神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り感想
★3.5:【要旨】ありたい未来の自分のマインドで物事をを考える。そのために必要な、数か月後、数年後に状態を明確に設定する。成功した時点のマインドに変われば、自然と必要な情報が目に入り、必要な行動をとるようになる。 【感想】引き寄せの法則ってうさん臭く思っていたけど、こうやって脳科学的に考えると、マインドが変われば、見え方や動き方が変わる、そんなことはあり得そう。将来の自分をイメージした写真を毎日眺めると、脳がその気になるってのは面白かった。
読了日:10月07日 著者:星 渉


ポジティブ・チェンジポジティブ・チェンジ感想
★3.5:「自分を変えるのに、頭も根拠も気持ちもいらない」「行動を変えることでしか人は変わらない」として、変わるためのノウハウを記した本。◼️人は計画をたてると満足する、計画をたてずに行動する方がいい場合もある◼️新しいことを日々実践し、変化を受け入れることに慣れる。新しいことを探す習慣化する◼️安全であろうとして変化を避ける習性が備わっているが、現代では変化したからといって危険じゃない◼️恥ずかしい経験をあえてすると心が強くなる。失敗したときの心の処理方法を学べる
読了日:10月08日 著者:メンタリスト DaiGo


七つの会議 (集英社文庫)七つの会議 (集英社文庫)感想
★4.0:池井戸作品では珍しい群像劇。章ごとに主人公が代わり、みんな弱さ危うさを持っている存在として描かれていました。勢いとかヒーロー性には欠けるけど、実際の社会人で、一本筋を通している人なんて珍しいからこんな感じかも。日本的な会社システムが最大の敵なのかもしれません。ドーナツが物語の仕掛けになると期待してたから、そうじゃなかったのが、ちと寂しい!
読了日:10月16日 著者:池井戸 潤


公共R不動産のプロジェクトスタディ:  公民連携のしくみとデザイン公共R不動産のプロジェクトスタディ: 公民連携のしくみとデザイン感想
★4.5:公共施設を、もっとオープンに民間と手を取り合って使おう。とてもワクワクさせられる事例たちだった。隅から隅まで開発されてしまった都市で、これからは人がどんどん減っていく。そんな世界でも、イキイキと暮らせる場を届けるための知恵の数々。これから僕はこんな仕事に取り組みます。
読了日:10月17日 著者:馬場 正尊,飯石 藍,菊地 マリエ,松田 東子,加藤 優一,塩津 友理,清水 襟子


「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書感想
★3.5:東大読書に必要な5つの力は、ビジネスで必要と言われる力にそのまま置き換えられるなとおもった。①読解力=仮説力 ②論理的思考力=構造思考力 ③要約力 ④客観的思考力=メタ認知力⑤応用力=アウトプット習慣。本書で紹介されている付箋をつくってまで読むことはないけど、読書とは取材、という考え方は意識して見たいと思った。
読了日:10月20日 著者:西岡 壱誠


空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)感想
★4.5:下巻と合わせて一気読み、面白かった。
読了日:10月24日 著者:池井戸 潤

 

 


空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)感想
★4.5:重厚な企業小説でありながら、二転三転の展開の息をつかせぬ展開のエンタメ小説でもあり。題材になった三菱自動車リコール隠しはよく知らなかったのですが、当事者企業内や関係先に思いを馳せると、とんでもない不祥事が実在したんだなと、小説よりも奇なる現実に結構ショックを受けました。池井戸小説を読むたびに、日本的な会社システムが怖くなりますね…コワコワ…。働く上で、生きていく上で、何を大切にしたいのか、いつも考えさせられます。
読了日:10月24日 著者:池井戸 潤

 

2019年9月の読書メーターまとめ

9月は時間あったはずなのに読んでいないな…。
10月から通勤時間が伸びた & 満員電車(泣)になったので、オーディオブックを再開しようと思います!

 

9月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1391
ナイス数:87

9月のベストブックは「「エンタメ」の夜明け ディズニーランドが日本に来た!」でした。

有頂天家族 (幻冬舎文庫)有頂天家族 (幻冬舎文庫)感想
★4.0:前半は要領を得ずなかなかつらかったが、後半の展開は勢いがあり、どうしようもなかった赤玉先生がすべてをひっくり返すのはスッキリする展開。うむ、面白きことは良きことなり。最後の「家族は切り札になる」という言葉が良かった。「血を分けた者が敵となるとき、それは最大の敵となる。だからおまえたちはつねにたがいを信頼しなくてはいけない。兄弟仲良く!忘れてはいけないよ。」
読了日:09月04日 著者:森見 登美彦


0秒で動け 「わかってはいるけど動けない」人のための0秒で動け 「わかってはいるけど動けない」人のための感想
★3.5:志を作る→それに合わせて判断できる→ポジションがとれる→そこからトライ&エラー→経験がたまる。理解できたが、これに乗っ取ってスピード感を持って動くには、2つの山がある。①瞬時に判断出来るだけの仮説ぐせを持てるかどうか。②仮説をたてられたとして、周りを恐れずにポジションが取れるか。 周りを恐れないためにハードルを下げておこうというが「回りの目に対する恐怖」はそれよりも大きい。分かってはいるけど、この克服に対する解がまだ見つからない。
読了日:09月04日 著者:伊藤羊一


1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術感想
★3.5:これから意識したいこと。結論→根拠(3つ程度)→具体 の構造を意識し、簡潔に伝える。伝えることは人を動かすことなので、動かすための根回しや、相手の背景への理解など、やれることは全部やった上で簡潔に伝える。それでも人は忘れるので、耳に残るキャッチフレーズを用意しておく。
読了日:09月15日 著者:伊藤 羊一


ディズニーランドが日本に来た! 「エンタメ」の夜明け (講談社+α文庫)ディズニーランドが日本に来た! 「エンタメ」の夜明け (講談社+α文庫)感想
★4.0:ディズニーランド誘致の話だけかと思ったら、ラジオ・テレビ・広告・球団・万博・テーマパークと、次々と日本のエンタメが生まれてきた黎明期と、その裏で活躍した人たちの話。スゴいアイデアと行動力を備えた人が導いてきたんだなと感激した。それとともに、ここ20年くらいは、ネットの登場はあれどもエンタメの基本要素は大きく変わっていないとも感じた。本書で描かれる80年代までに出揃ってしまった感じ。今はもう限界なのか、カリスマ不在なのか。
読了日:09月29日 著者:馬場 康夫


採用基準採用基準感想
★4.0:マッキンゼーが人材に求めるものは、英語力、思考力(本質的な課題を見つける力、そしてその持続力)、そしてリーダーシップ。リーダーシップとは「チームの目標を設定しグループに伝え、達成のために必要な判断をし、その結果・責任を引き受けること」。その他、日本では、自国のマーケットを下敷きに海外で市場にも手を出せる「グローバル人材」が求められているが、世界で求められている「グローバルリーダー」は、多様な文化を理解し、その違いを含めてまとめることのできる人、という点も興味深かった。
読了日:09月30日 著者:伊賀 泰代 

マイ・ファースト・人間ドッグ

気づけば、私も35歳になりました。
ほんと気づいたら、なっていました。
今まで何をやっていたのでしょうか。

さて35歳。
この年になると会社から
 「どうせ不健康な暮らししてんだろ、検査してこい!」
と人間ドッグを命じられます。

そんなわけで行ってきました、人間ドッグ。
ファースト人間ドッグの感想をお届けいたします。

 

前日の食事制限

前日は21時までに食事を済ませて、以降は何も食うなと言われる。
消化の良いもの推奨だったので、とりあえず確実に胃に迷惑をかけなさそうな、素そうめん1杯という超軽食にする。
案の定、寝る前から腹ペコになる。ツライ、チョコとか食べたい。

検便

前日の朝と、当日の朝の2回分の検便提出が求められる。
普段の大は、タイミングランダム、ウルトラゆるめなのに、
奇跡的にタイミングよく、いい感じなのが取れてしまう。

朝が早い

会社に行くよりも1時間以上早く出たよ。8時に集合だった。早すぎる、

待合室

検査は10項目以上あり、健康診断の延長みたいなものも多かった。
その都度、待合室で待機になるんだけど漫画・雑誌がたくさんあって助かる。
読みたかったラジエーションハウスの7巻まで読めて、とても嬉しい。

ラジエーションハウス 7 (ヤングジャンプコミックス)

ラジエーションハウス 7 (ヤングジャンプコミックス)

 

胃カメラ

めちゃくちゃビビって受けました。
ビビりまくって臨んだだけあり、結構きつかったです。
「検査中は、目をあけて遠くを見ているといいですよ」
って言われたけど、口にケーブル突っ込まれているのを見たくなくて、目をつぶってやり過ごしました。

昼食

ヘロヘロになりまがら検査を終えた後、
病院から「近隣の飲食店で使える金券」をもらい大歓喜。
空きっ腹に、中華をガッツリいただき大満足。
シュウマイ大好き!

 

そんな感じのファースト人間ドッグでした。
とりあえず今回は異常なく、終えることができてよかったよかった。

もう若くなく、一人の体ではないので、より健康に気をつけないといけないなと、気持ちも新たにすることができました。

お疲れさまでした、また来年。

 

2019年8月の読書メーターまとめ

8月はいい本が多かった、面白かったなぁ。

 

8月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:2632
ナイス数:137

8月のベストブックは FACTFULNESS(ファクトフルネス) でした!

いちばん大切なのに誰も教えてくれない段取りの教科書いちばん大切なのに誰も教えてくれない段取りの教科書感想
★4.0:段取りハウツー。作業の重要度や精神的な重さを考慮せずに、所要時間だけで仕事を組む"時間ボックス" は面白い考え方だなと思った。また考えていることは外だしして管理して頭を空っぽにしておくこともやってみたい。やりたいけどやれてないことのためには、やらざるをえない環境作りも必要なんだろうな。
読了日:08月08日 著者:水野 学


FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣感想
★4.5:世界と自分、両方の見え方が変わった。ドメスティックに国内ばかり見ていた僕が、もっと世界を知りたいと思えた。そして、凝り固まった価値観や見方を変えないともったいない。①分断本能 ②ネガティブ本能 ③直線本能 ④恐怖本能 ⑤過大視本能 ⑥パターン化本能 ⑦宿命本能 ⑧単純化本能 ⑨犯人捜し本能 ⑩焦り本能
読了日:08月08日 著者:ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランド


週40時間の自由をつくる 超時間術週40時間の自由をつくる 超時間術感想
★4.0:時間間隔の歪みを正すことのススメ。時間管理やタスクノウハウ本ばかり読んでいたので、とても目からウロコ。確かにいくら時間管理術を磨いても、時間自体の価値・感覚がないと、生み出した効果を感じられないね。 パワーブリージング(深い呼吸で心に余裕を生む)、プレップドゥレビュー(目的をもちタスクに向き合う)、リフレーミング(自分に暗示をかける)あたりは良さそう。40時間といわないまでも、時間が増えるなら人生変わるなぁ。期待。
読了日:08月12日 著者:メンタリストDaiGo


料理のその手間、いりません: 台所の呪いを解く方法 (実用単行本)料理のその手間、いりません: 台所の呪いを解く方法 (実用単行本)感想
★3.0:食材の下ごしらえの時短本かと思いきや、段取りのノウハウ本でした。興味深いノウハウはチラチラあった。味は冷める時に染み込む、まな板を最初にぬらすとコーティングされて汚れにくい、油揚げの湯抜きはいらない、調味料はまとめて一つのケースに入れとけ。ふむふむ、試してみたい。
読了日:08月14日 著者:柳澤 英子


スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
★4.0:話がグイグイ展開するので一気に読めました。そこまでやるか…という犯人のサイコな言動もスリリング。面白かった。 以下は2つ気になったとこ。①警察視点も入れていて、犯人は追われる立場なんだから、警察がもっと活躍してもよかったなぁ。期待するほど犯人がピンチにならなかった。②主人公の過去が明らかになってもなお、富田が稲葉を選んだことが少し腑に落ちない。
読了日:08月14日 著者:志駕 晃


シティプロモーションでまちを変える (フィギュール彩)シティプロモーションでまちを変える (フィギュール彩)感想
★2.5:レポートじゃないんだから、売り物にするなら図表くらいちゃんと直してくれるデザイナーを入れた方が良い。著者がパワポで自作した、文字サイズもバラバラな謎概念図が所せましと載っている。
読了日:08月22日 著者:河井 孝仁


アキラとあきら (徳間文庫)アキラとあきら (徳間文庫)感想
★4.5:生い立ちのまったく違う2人のアキラ、宿命と向き合い、様々な人生が交錯する長編小説。Wアキラは絡むけど、因縁はなくライトな関係なので、2人分の人生を並行して見ている感じ。本作では宿命というのが1つのテーマになっていて、宿命とは「出自や幼いころの経験はその人の人生を大きく縛りつけてくるもの」としている。Wアキラ以外にもいろんな人の宿命が描かれているけど、それとどう向き合い、解釈し、付き合っていくか、おもしろかった。自分にもなにか宿命があるのかなぁ、考えさせられた。
読了日:08月23日 著者:池井戸潤


学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)感想
★3.5:著者の別本の冗長さから警戒して、見出しと要点みたいのをパラ見。アウトプット:インプット=7:3を提唱しており、3冊読んでレビューできないものがあるより、1冊読んだらその1冊は確実にレビュー、というのは確かにいいかも。時間かけたことや感じたことが、通り過ぎてしまわないようにしたいね。
読了日:08月29日 著者:樺沢紫苑

2019年7月の読書メーターまとめ

kindle unlimitdでの読み放題は7月でいったん休止しました!
8月からは、図書館本と、買った本を中心になります。

7月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:2208
ナイス数:72

7月のベストブックは「限界都市 あなたの街が蝕まれる」でした!

地域ブランドとシティプロモーション地域ブランドとシティプロモーション感想
★4.5:地域ブランドをどう作りあげプロモ-ションしていくか、色んな地域の事例が乗っていて面白いです。特に印象的だったのが、水俣と篠山。①水俣:日本人誰もが知るとおりマイナスイメージの強い水俣が、こびりついた毒をぬぐうように、環境配慮・自然派の方向性に進んでいるのは興味深かった。ダークツーリズムという言葉も初めて知った。②篠山:市町村合併の中、隣の市が広域地域を指す「丹波」を名乗りはじめたことによる苦労談。「みんなの丹波を市の名前にしてんじゃねえよ!」という恨みつらみが聞こえてきそうな内容でした。
読了日:07月04日 著者:牧瀬 稔 編著


限界都市 あなたの街が蝕まれる (日経プレミアシリーズ)限界都市 あなたの街が蝕まれる (日経プレミアシリーズ)感想
★4.5:例えばマンション開発。デベロッパーも自治体も購入者もみんなwinwinだからこれだけ活況になってきました。けどこれでは街という全体の集合体は、歪んでいってしまう。本書は過剰なマンション開発、住宅の老朽化、コンパクトシティ政策といった切り口から、都市の歪みを浮かび上がらせています。あとがきの「合成の誤謬」の件が全てを物語っていますが、長期的な政策を示せるリーダーと、それを支持する市民を育てないといけない、と強く感じました。
読了日:07月06日 著者: 


シビックプライド―都市のコミュニケーションをデザインする (宣伝会議Business Books)シビックプライド―都市のコミュニケーションをデザインする (宣伝会議Business Books)感想
★4.0:シビックプライド醸成について、その概念とヨーロッパの事例を紹介する本。影響する9要素として ①広告・キャンペーン ②ウェブサイト・動画・印刷物 ③ロゴ・ビジュアル ④ワークショップ ⑤都市情報センター ⑥フード・グッズ ⑦フェスティバル・イベント ⑧公共空間 ⑨都市景観・建築 があるとのこと。印象的だったのは、シビックプライドを持つことは都市に承認されることであり、承認欲求を満たされ生きていく力になること。都市を考えることが、よりよく生きる事への道になるという考え。これは大切だ。
読了日:07月14日 著者:読売広告社都市生活研究局


「すぐやる人」と「やれない人」の習慣 (アスカビジネス)「すぐやる人」と「やれない人」の習慣 (アスカビジネス)感想
★3.5:カバンを空っぽにすること、悩みもすべて書き出して外に出しておく、その辺はなるほど。常に身軽にすることで、フットワークと頭の回転の速さを生む様に感じた。
読了日:07月18日 著者:塚本 亮


シビックプライド2 【国内編】 ――都市と市民のかかわりをデザインするシビックプライド2 【国内編】 ――都市と市民のかかわりをデザインする感想
★3.5:市民参加に繋がっている街づくり事例集といった感じで、海外編に比べると日本ではまだまだ駆け出しのプロジェクトが多いね。日本の「郷土愛」ってきっと特殊だよね。その特異な土着性を取り払い、オープンな地域参加が日本でも根付かせられるか、まだまだ課題が多い印象を受けた。ただ本書でもいうような、都市や地域を自分事として考えることを、未来に向けて事例を積み重ねていかなければいけないんだなと感じた。
読了日:07月19日 著者:伊藤香織+紫牟田伸子(監修) シビックプライド研究会 (編著)読売広告社 都市生活研究所(企画協力)


残業を減らし定時で帰る仕事術〜SE女子のタスク管理奮闘記〜残業を減らし定時で帰る仕事術〜SE女子のタスク管理奮闘記〜感想
★3.0:自分の仕事での時間的ロスは、割り込みと脱線によるものが大きいな~。集中力が一回断絶しちゃうと復帰に時間がかかっていますね。その避け方・回復させ方は分からなかったけど、問題点が分かってよかった。
読了日:07月20日 著者:ぞえ


一生、同じ会社で働きますか?一生、同じ会社で働きますか?感想
★3.5:12回転職した人が、転職の魅力を語る話。転職の効果をフラットに、けどポジティブに書いているのはとてもいいですね。ただ初めての転職がいつかによって、転職の重みは全然違うと思った。
読了日:07月20日 著者:山崎 元


まんがで身につく 続ける技術 (Business ComicSeries)まんがで身につく 続ける技術 (Business ComicSeries)感想
★3.5:過剰行動を減らし、必要だと思う追加行動をいかに継続するか。頭では必要だと思っていても安きに流れやすく腰を上げるのは大変なのよね…。やらざるを得ない環境を作る事、やりたくなる楽しい要素を入れる事、が必要ですね。ギターの練習全然できてないのですが…そもそも家でやろうとしているのが合っていないのかもしれないな。
読了日:07月23日 著者:石田 淳


地域が稼ぐ観光 (Business Books)地域が稼ぐ観光 (Business Books)感想
★3.5:かつての日本の旅行の主流は、大型バスで有名観光地を巡って巨大旅館で大宴会、というパッケージを旅行会社が一括販売するものだった。しかし人口減少によりマスにまとめて販売が出来なくなった今、埋もれた地域資源と特定のコミュニティをかけ合わせ、オーダーメイドに届けていくことが必要になっている。新しい旅行の形に学ぶものは多かったとともに、時代遅れになってしまった観光地の作り替えも必要な気がする。すげえ高いけど大したものの無い飲食店や土産屋とか多いよね。
読了日:07月23日 著者:大羽昭仁