お前らは先に行け!

30代関東リーマンの、日々の暮らしや体験記。

妄想の果てには歴史ロマン

最近読んだ漫画が2つ。
どっちも完結してないけど。

 

信長協奏曲

小栗旬でドラマ化してましたね。
「もし、現代の高校生がタイムスリップして織田信長になってしまったら」
という話。

戦国時代の歴史をうっすら知っている信長そっくりの高校生が、タイムスリップしてリアルガチ信長と入れ替わります。その後、本物の信長は明智光秀になったり、豊臣秀吉は信長暗殺を企てる忍者だったり、独自の設定ですが、基本は歴史漫画。ジワジワと話が進みます。 

本物の信長(現 光秀)と、成り替わった高校生(現 信長)は、今んとこ信頼しあっていい関係なんだけど、どうこじれるのか想像がつきそうで想像できず。
ワクワクしますね。

信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

 

 

大奥

もし、大奥の男女が逆転したらって話。

流行り病で国中の男子の人口が減ってしまい、女性が将軍を継ぐようになり、それに応じて男性の大奥が整えられた中での恋愛を中心に据えた歴史もの。設定だけ見ると、終末のハーレムと同じです。

大体1冊1将軍のペースで進んでいきます。(将軍/冊)って新しい単位だわ。

大奥 1 (ジェッツコミックス)

大奥 1 (ジェッツコミックス)

 

 

共通して 

どっちの作品も、「もしも歴史が~だったら」という話。

その「もしも」が突飛なんだけど、色んな有名エピソードとうまいこと絡めて、新しい物語にしていて新鮮。日本史なんて忘れ去っていたけど、何となく思い出せるのも面白いね!

実在する断片的な歴史の記録を、「もしかしたらこうかもしれない」と妄想で補いストーリーを紡ぐ。「歴史はロマン」ってよく聞くけど、この妄想・解釈の余地がロマンなんだなと思いました。

源義経=チンギスハン説を初めて聞いた時なんかは、すごいシビれたもんです。
僕は、ついに世界に隠されていた真実を知ってしまった…って。

 

 

そんな訳で、歴史ロマンの曲といえばこれ。NHK歴史秘話ヒストリアって番組のオープニングだった曲。神秘的で良いんですよ。

オープニングだけ何度も見てました。