読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お前らは先に行け!

30代関東リーマンの、日々の暮らしや体験記。

吾郎頼り

数ヶ月前だけど、マンガワンでメジャーを読破しました。

野球大河ドラマとはまさに。とても読み応えがありましたね!

 甲子園の存在がでかいから、野球漫画って高校時代に特化したものが多い印象ですが、メジャーは、リトル編・中学編・高校編・メジャー編というかなり独特の構成です。

以下は全体を通しての感想!

 

  • 主人公の吾郎が投打ともに強すぎる。比較して使えるチームメイトが少ないのでチームプレイ描写が少なめ。
  • どの編も序盤の試合は吾郎が無双し、後半は何かしらで怪我をした吾郎が無理をしながら戦う話が多い。普通の話だと、仲間が奮起してエースを支えるんだけどあんまりそういう話はなく、だいたい
    「吾郎さえ怪我さえしていなければ、こんなやつらすぐ倒せるのに…」
    って、なお怪我した吾郎に頼るしかない展開が多い。
  • 家庭環境が複雑すぎる。
  • しかし仲間にいいやつが多くてほっこりする。吾郎の人生をずっと追いかけてきた分、結婚式の集合写真はとても優しい気持ちになる。
  • 万を辞して突入した高校編がすごい話。海堂高校もとんでもない話だけど、編入してからはさらに無謀すぎる。男が10人くらいしかいない元女子高で、さらにグラウンド自体がないのに、甲子園を目指すなんて正気の沙汰じゃない。
  • そして、部活を作った後も、運動もしてこなかった人が屋上で練習して試合に出るなんて現実的じゃないと思っていたら、ちゃんと強くならずに吾郎頼りの試合展開。リアルだけど切ない。
  • それでも、高校編が一番面白い。
  • 仲間に寿がいると、吾郎頼りに寄りすぎないバランスのとれた試合運びになる。

 

結構むちゃくちゃな話が多いし、巻数が多い分間延びもあるけど、読み応えありでした。メジャーセカンドも手を出してみるかな。

 

漫画ワンでの掲載は、どうやら12月いっぱいみたい。お見逃しなく!