お前らは先に行け!

30代関東リーマンの、日々の暮らしや体験記。

江戸川コナン…探偵さ!

このGW、奥さんがずっと名探偵コナンを見ていました。
撮りだめた映画だったり、漫画だったり。

聞くところによると結構話が進み、真相に近づいているらしい。
まじか…一生終わらないと思ってた。

 

僕は映画版はほとんど見たことなくて、知っている事といえば「時計仕掛けの摩天楼」って響きと、必ず「らーーーーーーん!!!!」ってシーンがある事くらい。

聞くところによる映画だと、アガサ博士のヒミツ道具が大活躍。その数も相当数に及んでいるようでした。

定番の、

  • キック力増強シューズ
  • ターボエンジン付スケートボード
  • 蝶ネクタイ型変声機
  • 犯人追跡メガネ
  • 犯人追跡用ボタン型発信機
  • 時計型麻酔銃

から、うっすら見たことがあるような

  • イヤリング型携帯電話
  • 探偵団バッジ
  • ボタン型スピーカー
  • 腕時計型ライト
  • 盗聴機能付カフスボタン
  • ボイスレコチェンジャー

さらには、そんなのあるんかいという、

  • 小型酸素ボンベ
  • 風邪と同じ症状をだす薬

に加え、幻のアイテム

  • 弁当型携帯ファックス

まで多種多様。

 

漫画連載開始から20年がたってしまったため、時間の流れから切り離された米花町と、現実社会での科学の進歩のギャップにより、作中のアイテムが携帯電話の進歩に追い越され、「大体スマホで代用できる」事案が発生してしまいました。

幻のアイテム  弁当型ファックスは、当時は「何でファックスと弁当を一緒にしてるんだよ!」という突っ込みだったはずなのに、今や「今更ファックスなんか使わねえよ!」という突っ込みの質の変化まで発生してしまいました。

 

原作ではそんなに見た記憶のないアイテム

  • どこでもボール射出ベルト
  • 伸縮サスペンダー

あたりが、無限に膨らむクッション製造機と無限に伸びる固定具として、現代でも通じる万能アイテムとなっているようでした。 

やばいですねアガサ博士。やばい。