お前らは先に行け!

30代関東リーマンの、日々の暮らしや体験記。

【結婚準備白書】BGM編

少し間が開いたけど、結婚式の準備録です。

 

式中のBGMは、事前に候補曲をリストアップして持って行って、サウンドコーディネーターみたいな人に相談して決めていきました。持っていった曲のイメージから、他の曲も提案してくれたりして、あーだこーだ言いながら決めていきます。

人気のBGMとか、式の定番曲も知れて、すごい面白かったです。僕はかかった曲のイントロで答えられるかどうかに集中していました。

 

そんなわけで、かけた曲を紹介。

 

入場:Boom!/マイア・ヒラサワ

明るく期待感のあるBGM。
このCMの印象も強かったので「人生の出発進行!」という事で!

 

鏡割り:祭り/北島三郎

和風の曲でインパクトのある曲が良かったので家から決めていったけど最初反対されてました。しかし式場の人から「この曲使う人いて合いますよ!」と後押しがあり無事エントリー。人生の祭り舞台だし。


乾杯:華やぎ

和で、軽やかな、さわやかな曲を探してこれにしました。
式場から「キラキラ武士/レキシ」を提案されていいかもと思ったけど、奥さんが知らなそうだったのでやめる。

 

新婦お色直し:ハッピーサマーウェディングモーニング娘。

 奥さんチョイス、コテコテな結婚ソングを使いたかったらしい。
「父さん母さん」って歌詞に入っているのに対し、エスコートが伯父さん伯母さんなのを妙に気にする。

 

新郎お色直し:アップルパイ/back number

姉にエスコートしてもらっての、僕のお色直し。
姉とは何も紐づいていないけど、家族的だけど照れのある歌詞がちょうどいいなと。

アップルパイ

アップルパイ

  • back number
  • J-Pop
  • ¥250

 

再入場:The Summer Wars松本晃彦

はじめて一緒に行った映画は「バケモノの子」だったな、たしか。
これも、和装の式だと定番みたい。


手紙:未来へ/kiroro

奥さんチョイス、式場から「手紙はボーカルがない曲がいいですよ」と。
事前に決めていったけど、素晴らしいことにピアノバージョンまで取り揃えてあったので何の問題もありませんでした。 

未来へ

未来へ

 

花束贈呈:心を込めて花束を/サザンオールスターズ

花束を渡すこと、親への感謝の気持ち、という両方にマッチした曲。

夫婦をインスパイアして、桑田佳祐原由子の曲をそれぞれ使うってのも考えてたけど、ほかの候補に押し負けて消えました。特に、花咲く旅路は結構使いたかったけど、合うシーンがあんまりなかったね。

 

退場:輝く月のように/superfly

輝かしい路になるようにと願いを込めて。


 

さて、乃木神社だったから、乃木坂46の曲もあえて使いたいなと思っていました。僕としては、再入場でガールズルールがいいなと。いい年したおじさんの何がガールズルールやねんって話だけど…。それかぐるぐるカーテンに合わせてカーテンが開くか。

けど、奥さんからは乃木坂ヲタの旦那が乃木神社を選んだと思われる可能性があるからやめろと言われてしまいました。僕サイドはなんとも思わないけど、奥さんサイドは確かに思うかもね、目からウロコ。

そんな話を会場の人にしたところ
「ファンでもない人も、乃木坂だしって1曲くらい使っている人が多いですよ~」
と言われる。

 

サウンドコーディネーターの人はすごいね。

「この曲ならここからかけましょう」とか
「このイメージなら、こっちはどうでしょうか」とか

引き出しがすごい。結婚専門のDJだよ。