お前らは先に行け!

30代関東リーマンの、日々の暮らしや体験記。

るろうに剣心 追憶編

僕は映画見たり本を読んだりした後、他の人の感想を調べます。

AMAZONとか、見知らぬ人のブログで。

「こう感じたのか〜、こういう見方もあったのか〜」って。

 

そんな感じなので、

最近るろ剣の映画を見た後、色んな感想を見ていた訳ですが、

どこもかしこも、OVAの「追憶編」を語っている。

 

「映画の続編があるなら「追憶編」をやってほしい!」

「追憶編は汚さないで欲しい」

「巴役は堀北がいい」

 

誰もが語っている「追憶編」。

いったいどれだけすごいのか。

 

見てみました。

るろうに剣心 追憶編 [Blu-ray] -
るろうに剣心 追憶編 [Blu-ray] -

 

 

原作にもある剣心の過去編。

 

何故、人斬りだったのか。

何故、不殺の誓を立てたのか。

何故、消えない十字傷があるのか。

 

といったのが、全部見事に説明されます。

しかも約2時間の映画一本分でまとまっている。

 

 

原作のジャンプらしさを排して、

(キワモノの敵キャラ、必殺技とか)

ゆっくりと丁寧な描写の中で、

幕末の動乱、新時代を臨む理想と人斬りという現実の葛藤、結ばれない恋

を描いていきます。

 

知っていたストーリーだけど、見事な内容。

歴史物でもありながら、日本の伝統的な暮らしや四季も描いているので、

むしろ実写で見てみたい。

 

 

もうちょっと頑張れ、佐藤健

そして、巴役は堀北がいい。