お前らは先に行け!

30代関東リーマンの、日々の暮らしや体験記。

ハトマメ ~何も言えなかったあの日~

先日、アメリカから一時帰国していたTAさんと飲みました。
生活でも仕事でも、30過ぎて国際的な活動をしている人が周りに増えてきたましたね。

私の会社も昔はドメスティックな印象でしたが、ここ最近は海外向けの取組みも多く、海外在住で働いている同世代もたくさんいます。

これまでの私は、サンデージャポン内のワールドワイドニュースを欠かさず見る事で海外へのアンテナを張り巡らせていたのですが、「デーブ・スペクターを通じた情報だけじゃ偏っているな」とさすがに気づきまして、最近、社内の英語教室に通い始めました。

 

「地域を根差す」を売りに、ごく局所的なローカル感を鍛え過ぎていたため、これを機に少しでも国際人として天高く羽ばたけるといいですね。今の決意を忘れないために、英語を喋れなかったゆえの過去の失敗を、戒めとしてここに刻んでおきたいと思います。

 

高知の風呂で韓国人に取り囲まれた事件

学生時代に高知のよさこい祭りに参加していた時の話。
筆山荘という今は無きボロ宿に集団で宿泊していたのですが、その入浴中の出来事です。浴槽でのんびりしていると、見知らぬ男性から声をかけられました。

男性「あなたはお祭りに参加している人ですか?(英語で)」
私 「はい、そうです。(英語で)」
男性「??」

 

Yes,Noのコミュニケーションでいきなりつまづきます。
すると男性は

「こいや、こいや」 と断片的なワードを言いだします。

(こいやまつりの関係者かな…?それともこいやを見て、高知にも来たのかな…?)
「フロム大阪?」
「くるくる丼??」
「体育館で宿泊???」

しばらくこいや祭りに関わるキーワードを使ってコミュニケーションを計りますが、一向に通じません。

 

そうこうしている内に、体を洗っていた彼の仲間達が集まってきてしまい、私は狭い浴槽で7,8人の男性に取り囲まれます。すると彼は「こいや」ではなく「コリア」と言っており、観光に来た韓国人グループだと知ります。
全くこいや祭りは関係ありませんでした。僕が勝手にこいやを連想するよさこい脳ゆえの間違いでした。

その後、英語を喋れるっぽい男性を中心にコミュニケーションを取る事となります。

「韓国にもマスクフェスティバルがあり、それがとても賑やかなんだ」
「あなたはどこから来て、どのチームで踊っているんだ」

向こうもネイティブではないので何とか聞き取る事が出来ましたが、言い返しがうまくできませんでしたね。「仙台から来た」って言っても仙台の位置がうまく言えないし、「鳴子を持って民謡が入った曲で踊るんだ、福島では、礼に始まり礼に終わるという特別ルールもあるよ」と、言いたいことが伝えられません。

 

さすがにコミュニケーションの限界が近づき出たくなったのですが、黙って立つのも無礼かなと思い「のぼせてきたのでそろそろ…」と伝えようと思い

「Too hot! Too hot!」

と今思えば藤井隆の様な事を伝えますが、にこやかに頷かれてしまい何も伝わりません。しかし他の術があるわけではないので、顔をおあぐリアクションを追加し、too hot押しで無理やり浴槽から上がり、風呂場での日韓戦は終わりました。

 

この一連の出来事は20分程でしょうか。
その間、周りで体を洗っていた柄木田さんや吉継さんが、僕の状況に気づいていたにも関わらず、トラブルを避け風呂にもつからずに見捨てた事を、僕は生涯許さないでしょう。

 

 

今度、同じ場面に出くわしたら、

こいや祭りって面白いお祭りが大阪でもあるんだ!是非そっちにも行ってみてよ!」

せめてそんな事が言えるようになれば幸いです。