読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お前らは先に行け!

30代関東リーマンの、日々の暮らしや体験記。

ワンチャンあるよ!ワンチャン!

ネット!

最近「フォトジェニック」って言葉をよく聞きます。

 

意味は「写真写りがいい」とか、「写真に映える 」とか、昔からあった表現。
何も特別な言葉ではありません。
この言葉が流行った背景としては、インスタグラムを筆頭としたSNSで、いかに素敵な写真をシェアし合うかがステータスになったという事が大きな影響なんでしょうね。

そう、何でもフォトジェニックさが重要。
ラーメンやおもちでも、どれだけフォトジェニックであるかが勝負なんです。

 

こないだ見てたテレビでは、ローラの幼い頃の写真が紹介されてたんだけど、レポーターの女の子が

「わー!小さい頃からフォトジェニックだったんですね~!」

と言ってて、度肝を抜かれました。

 

「僕の知らないところで、よーわからん言葉が一般化している…」

世にも奇妙な物語で言うと、ずんどこべろんちょ状態です。

 

みんな写真写りなんて、日常で気にしてなかったじゃないか!
何、急に言いたくなってるんだよ!

この新しい言葉特有のとりあえず使いたい状態は、僕的に

「ワンチャン」

が流行った時に似た気持ちなんです。

使い勝手がよくない言葉なのに、隙あらばうまいこと「ワンチャン」をねじ込んでくる大学生達に、新時代の幕開けを強く感じた社会人一年目を思い返します。

 

「フォトジェニック」という言葉が流行ることで、素敵な写真が世に増える。
「ワンチャン」という言葉が流行り、みんなチャンスを掴むようになる。

言葉から、世の中を動かしていくことができるのかもしれませんね。