お前らは先に行け!

30代関東リーマンの、日々の暮らしや体験記。

星野リゾート界 鬼怒川 に泊まってきた

夏は仕事がばたついたり、動き出しが遅かったのもあり、どこにも旅行に行けませんでした…。

 

もろもろ終わり、少し落ち着いてきたので、夏の分を取り返すべく、近場で贅沢に旅しようと、星野リゾート「界  鬼怒川」にいってきました。

 

星野リゾートということで少しお高いですが、旅の予算・時間を宿に一極集中。
目一杯のんびりしてきました。

そして全体的に、すげえ寝た。

 

 

f:id:aruaradio:20161214235138j:plain  f:id:aruaradio:20161214235159j:plain
入口から専用のケーブルカーみたいので、丘の上に登ります。
宿泊者しか入れないのですごいプライベート感。少年探偵が泊まりにきたら、ケーブルカーが止まって事件が起きそうなくらいのプライベート感です。

 

f:id:aruaradio:20161214235221j:plain  f:id:aruaradio:20161214235227j:plain
外はだいぶ寒い。個室温泉付きのお部屋です。
せっかくなのでテレビも一切つけず、極力携帯も触らず。そう、デジタルデトックスというやつです。少しまとめサイト見たけど。

 

f:id:aruaradio:20161214235315j:plain  f:id:aruaradio:20161214235257j:plain
夜は益子焼楽器の演奏会。「らいさま」って曲がFFのバトル音楽みたいでステキ。
楽器も触らせてもらえて、天狗囃子を演奏する。
かみさんに「何の曲?」と聞かれるも、「知らない曲だよ」と説明をなまける。


f:id:aruaradio:20161214235449j:plain  f:id:aruaradio:20161214235538j:plain  
料理も徹底的に栃木産。
温泉上がりには日本酒三種が自由に飲み放、清開がうまかった。

 

あらゆる面で栃木を押し出していて、ここまで地域感を感じる宿は初めて。
今まであまり知らなかった、U字工事の愛する栃木の魅力に触れられる宿でした。