お前らは先に行け!

30代関東リーマンの、日々の暮らしや体験記。

【結婚準備白書】 式場選び編

結婚式の準備をするにあたり、よその人が書いた準備ブログを色々と巡回して参考にさせてもらいました。

その中では、面白いブログにもたくさん出会いました。

結婚準備ブログかと思って見てたら、男性側がなんかやらかしたらしく、婚約破棄をなんとか撤回させようとするブログになったやつは衝撃ものでした。

 

僕も、参考になって愉快痛快な結婚式記録をつづりたい所なんですが、出来事を記しておく位のテンションでボチボチ書いていきたいと思います。

 

その名も【結婚準備白書】

幽遊白書みたいなものだと考えてください。

 

連載は不定期です。
そんな訳で初回は、式場選びからいきましょう!

 

 

奥さんから「日本人なら神社じゃろが!」という明快な要素を上げてもらったので、神社に特化して捜索を行いました。2人で遊びに行くたび、神社を見つけてはお参りしていたので、僕も、そうだね!いいね!と自然となって。

 

大國魂神社

まず見に行ったのはここ。

  • 府中が最寄り、いろんな人のアクセスに難有り
  • 神社はでかくて立派
  • そして緑に囲まれている
  • 施設は全体的に古めかしい
  • メインの披露宴会場が改装中で見られなかった
  • プランナーさんは丁寧で話しやすかった、その後もフォローの連絡を結構くれた
  • 周辺に二次会会場がない

初めての式場見学だったけど、丁寧に案内してくれて見積も出してくれて、今後の式場見学がしやすくなりました。


乃木神社

続いてここ、フェアに行って見学・サービス内容など一式見せていただきました。

  • 駅出たらすぐ神社。駅からのアクセスはいいけど千代田線は若干不便?
  • 神社の雰囲気がいい
  • 都会だけど参拝客も少なく落ち着いている
  • 寄り添い守りくれた
  • 部屋が横長、窓が少ない
  • 食事が美味しかった

2件目ながら、いい日が空いていたので仮予約をしちゃいました。


東京大神宮

言わずと知れた縁結びの神様。そして、神前式を初めてやったとことかで結婚式はもってこいの場所。無料の見学会に参加。

  • 最寄りの飯田橋から少し歩く。アクセスはまぁまぁ。
  • 縁を結ぶべくすごい人
  • 式場は窓も大きく明るい
  • ここも古めか


上に書いた場所は式場併設型と呼ばれる神社です。
神社で結婚式を上げて、隣接する会場で披露宴を上げる事ができ、スムーズに披露宴に移れます。

一方、独立した神社で式を上げて、周辺のホテルやレストランで披露宴を上げる、という方法もあります。これだと、お気に入りの組合せで式と披露宴ができる一方で、間の移動や集合場所などの課題が残ります。

 

僕たちは式場併設型を狙っていたので、その他都内の選択肢としては、

が代表的な所として残っていましたが、最近友達が使っていた、立地があんまり、などの理由で見送り、結構早い段階で「乃木神社」に決めました。

 

決め手は以下のとおり。

  • 神社がとても気に入った
  • 食事が美味しかった
  • 呼ぶ人みんなに参列してもらえる神社はここだけだった
  • 奥さんが学生の頃よく来ていた思い入れのあるエリアだった
  • いい日が取れた

心配事としては

  • 会場狭目

くらいだったかな。

 

姉や友達も見学した事があって、神社の式場はいいけど披露宴会場は大丈夫かな?という感想だったようで、概ね近い印象をもっていました。

あと人によっては、乃木大将(軍人)を祀っていることが気になる場合もあるよう。うちらは気にしなかった。

 

フェアに出て、飯食って、会場を見れるのは楽しかったので、もっといろんな会場を回っても良かったんだけど、他の準備に力を注ぐべく、回り始めて1ヶ月もしないで決定。
じっくり選びたいねというより、色んな事サクサク決めようぜ的な雰囲気が、当時の2人に満ちていた様に思い返されます。

 

以上、式場選び編をお届けしました!