読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お前らは先に行け!

30代関東リーマンの、日々の暮らしや体験記。

ピロウズとオナマス

ピロウズをよく聞くようになったきっかけは、この曲。

大学生の時に知った「I Know You」。

いつかキミが捨てた 

前人未到の宝島へのチケットは

ちゃんと拾っておいたんだ

だって嘘みたいなことも キミなら叶えそうだぜ

 

出会いを遡りましょう。

大学院生くらいの当時、めちゃくちゃ流行っていたネットコミック
オナニーマスター黒沢」というのがありました。

※タイトルと一部設定はあれだけど、熱い青春物です!

 

作者は、今やジャンプで「背筋をピンと!」を連載していますが、ネットで書いていた当時から他とは一線を画すクオリティでした。公開方法も週刊作家になった時を想定してか、毎週20P分の1話を掲載するという形式を守っており、その中でちゃんと盛り上がりや引きを組み込んで、プロを目指している感がビンビンに出ていました。そしてそれを、毎週毎週楽しみにしていたものです。

原作付きだった事もあり、1年もせずにきっちりと最終話が公開され、楽しみが終わってしまうのですが、シンミリしていた中、急遽番外編として追加で1話公開されます。

その話のタイトルが「アイ・ノウ・ユー」でした。

このタイトルが「ピロウズの曲からの引用じゃね」みたいなコメントで知り、CDを借りて、気付けばフェスで見に行くまでになりました。
ふむ、色んな娯楽が結びつきあっているなと感じます!

いや本当に引用なのかはよく分からないのよ、歌詞と漫画の世界観が合っているか微妙だし。まぁそれでもいいのさ。オナマスは終わった代わりに新しい曲を知るきっかけが出来たんだから。

 

ピロウズの歌は、トリッキーな言葉回しで、あまり多くを語らずケムに巻いているけど、そこが逆に、照れ隠ししきれていない愛情を感じます!

ラブソング系の歌だと「I Know You」と合わせて「Ladybird girl」が好き。