お前らは先に行け!

30代関東リーマンの、日々の暮らしや体験記。

さらば、男爵ディーノ!

10年間ずっと、毎週の楽しみだったものが、今日無くなってしまいました。

webサイト「The男爵ディーノ」内での、ジャンプ感想が終わってしまったのです。

 

このThe男爵ディーノ、架神恭介氏が運営しているホームページです。
見始めた頃は完全に一般の個人だった(と思われる)のですが、ジャンプ感想から火が付いたのか、色々と声がかかったのか、今や数多くの書籍を出す作家さんになり、今週からは少年チャンピオンで漫画の原作をやるようなので、長年続けたジャンプ感想を辞めることになってしまった様です。

戦闘破壊学園ダンゲロス (講談社BOX)

戦闘破壊学園ダンゲロス (講談社BOX)

 

 毎週月曜日は、ジャンプを読んで、その後ここで感想を読むというのが大学生の頃からの日課でした。

 

ジャンプの感想の中で最も画期的だったのは
ブリーチ=オサレバトル
という概念を生み出したことでしょう!


これは、ブリーチ内で明らかに各下なキャラが格上のキャラを倒してしまう事象が発生し、話としておかしい!となった時に生み出された漫画の解釈論です。
ブリーチは普通のバトルとして読んではわけわかめなので、バトル中にオサレ(オシャレ)な言動によって増減するOSR(オサレ)値を高めた方が勝つ、オサレさを競うバトルという考え方で、卑怯な戦略や先に必殺技を出すとOSR値は下がり、回想シーンを挟んだり、とんちの効いた掛け合いをしたり、織姫に応援してもらうとOSR値は高まります。能力の説明をするかどうかも、OSR値の駆け引きの一環なのです。

細かくはアンサイクロペディアも参考ください。

OSR - アンサイクロペディア

 

一護ウルキオラ戦の決着の仕方について、細かくオサレバトル分析をしている感想は当時爆笑しました。この話もよく諭吉くんとしたものです。

【4/13】2009年20号のジャンプ感想(まとめ) (The 男爵ディーノBLOG)

 

日々のルーティンに完全に組み込まれていたからほんと寂しいな、これは。
これまでお疲れ様でしたー。