読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お前らは先に行け!

30代関東リーマンの、日々の暮らしや体験記。

アートというものだけはよく分からん

イベント!

こんなイベントに行ってきました。

文化庁メディア芸術祭

文化庁メディア芸術祭実行委員会が主催しているアートとエンターテイメントの祭典。メディア芸術の創造とその発展を図ることを目的に、1997年度から毎年実施されている。

アート部門、エンターテイメント部門、アニメーション部門、マンガ部門の4部門について大賞と優秀賞を選定表彰している。

wikipedia師匠から拝借)

 

 

無料で入れて、色々と体験出来たり見たり読んだり出来ます。
アートはよう分からんかったけど、他は面白かった。

f:id:aruaradio:20160211214709j:plain

 

 

エンターテイメント部門

ゲームとかパフォーマンスが該当します。
パフュームの映像とか、音ゲーとレースゲームを合わせたゲームみたいのが今年の上位作品。
音と記号のみでやるホラーゲーム「Dark Echo」に白熱してしまった。

過去のグランプリには、

と著名なゲームもズラリ。

 

アニメーション部門

「バケモノの子」とか、「心が叫びたがっているんだ。」とか佳作に入っていたけど、内容より、映像技術とか作り方とかが特徴的なものが多かった。

こちらも過去のグランプリには有名どころがたくさん。

 

マンガ部門

ほとんど読んだことのないやつ、というか聞いたことないやつが大半だった。
みんなめっちゃ立ち読みしてる。

文化的な価値観的に特徴的な作品が多くて、話の面白さは重要じゃない感じ。
スポーツとかギャグとか能力バトルものは、ほぼないっす。

 

 

 

一緒に行った彼女は毎年来てるらしいんだけど、今年はあんまり話題作はないってさ。

やり損ねたのは「口先番長」
脇から見てると面白そうだった。


口先番長VS CM ひらめき勝負のしりとりバトル 女子学生扁