お前らは先に行け!

30代関東リーマンの、日々の暮らしや体験記。

アイネクライネ

今年も3/4が終わろうとする中、
今のところ、今年一番聞いている曲は
米津玄師の「アイネクライネ」

 

今年の前半によく聞いていた「ヒロイン」は
冬が終わった5月くらいに抜かれてしまいました。


米津玄師 MV「アイネクライネ」

 

ラブソングっぽい歌詞なんだけど、哀愁があるよね。

 

消えない悲しみも綻びもあなたといれば
それでよかったねと笑えるのがどんなに嬉しいか

 

何度誓っても何度祈っても惨憺たる夢を見る
小さな歪みがいつかあなたを呑んでなくしてしまうような
あなたが思えば思うより大げさにあたしは不甲斐ないのに
どうして

 

お願い いつまでもいつまでも超えられない夜を
超えようと手をつなぐこの日々が続きますように

 

 

大人になって多くの時間を過ごすと
思い出すと顔を埋めたくなるあんな出来事、忘れられないこんな出来事、
色々出てくるじゃない?

「そんなの知らないよ!」

「前向きに乗り越えようよ!」 

って綺麗事も言えるんだけど、
精神論じゃ乗り越えられないのが、厳しい現実…。

 

 

アイネクライネでは、
世界に消えない悲しみはある。それは乗り越えられないかもしれない。
という。

 

けれど、
君と一緒にいられれば、悲しみを負っても進んでいくことができる
ともいう。

 

流行っているけど、なかなか渋いラブソングです!