お前らは先に行け!

30代関東リーマンの、日々の暮らしや体験記。

うまく話せなくても生きていく方法

 

うまく話せなくても生きていく方法 (PHP新書)

うまく話せなくても生きていく方法 (PHP新書)

 

  

学生のとき友達としゃべっている時は思わなかったけど、
社会人になって、自分の考えている事がしゃべれなくなったように感じる。

 

それはきっと表現の制限のたため。

 

論文を書いたときもそうだったけど、
堅い表現等を使おうとすると、遠まわしな言い方になり、
結局訳分からなくなる。

 

自分の表現方法は少しトリッキーと言うか、
変な言い回しをしてしまうなと言う事があるんだけど、
それが日常会話で染み付いてしまうと、
職場では、いつものやり方が封じられてしまう。

そのため、思うようにしゃべれない。あげくにあまりしゃべらない(笑)
となってしまっているのです。

 

 

本書では、
ペラペラしゃべれなくても、聞き上手は会いたいと思ってもらえる、
言葉を選ぶ事で逆に価値が上がる、
という、無口を肯定してくれる一冊です。

 

けれど注釈しますが、口ベタや無口は得をするという話ではない!
現実と照らし合わせて直感で分かるかと思うけど、
空気読めなくても、軽くても、なんだかんだでしゃべる人のが目立って、
友達も多かったりする。

 

口ベタでも、人生損しないし、良い所もいっぱいある!
そんな、内気な僕らを押してくれる一冊でした。