お前らは先に行け!

30代関東リーマンの、日々の暮らしや体験記。

ミュージック!

赤ちゃんが泣く3つの理由

育休も、75%くらいが過ぎてしまいました。時が早い! 子供のお世話としては、オムツ替え、沐浴、ミルクをあげる、あやすといったことを奥さんと交代しながらやっています。 「最初の1か月は、泣いたらおっぱい飲ませときゃ泣き止む」と聞いていましたが…

大人になっても友達になろう

ともだち100人できるかな。8年前に、2巻までよんでいたんだけど、長い時を経てとうとう全巻読みました。 このブログファンで、感想の続きを待っていた方。大変長らくお待たせいたしました。 友達100人できるかな 5(完) (FUNUKE LABEL) 作者: とよ田みのる …

はじめてのライブハウス

昨年から活動を開始したバンド活動。昨年末には身内だけ声をかけてコンパクトにお披露目会を開催していました。 しかし1人でも多くの人に僕らの音楽を、メッセージを届けたい!そんな熱い思いから、今回ライブハウスを借りて、広く友達家族に声をかけてライ…

ヒーロー界の文明開化

最近、ヒーローをうたった歌が多いというブログを読みました。うっすら「ヒーロー絡みの歌よく聞くな」と思っていたので、この分析は大変納得感がありました。 ヒーロー界の黒船来航 この記事の中で、2000年代に入ってヒーローの歌が多くなったと紹介されて…

引っ越しに合う曲をかけて

ここ最近で、定額音楽配信サービスが一気にメジャーなものとなりました。 音楽は長らく、レコード、カセット、CDそしてMDへと連綿と受け継がれてきた「物として所有」する時代が続いていましたが、2000年代に入ると i-podを筆頭とするmp3プレーヤーの普及に…

ラジエーションハウス と マンウィズ

ジャンププラスで、モリタイシ先生の「ラジエーションハウス」がエントリーされていたので、全話一気読みしました。無料で貯め込んだコインを、大量に使ってしまいましたが後悔はありませんよ! 放射線技師のお仕事物がベースですが、私的には9割がラブコメ…

「帝一の國」と「イト」

録画していた「帝一の國」を見ました。売れっ子菅田将暉を筆頭に、これでもかとイケメン俳優を投入した映画。 将来、総理大臣になる事を夢見る帝一は、政界とも関係の深い海帝高校の生徒会長になるべく奔走する話。 ビジュアルもクドめなんだけど、内容はさ…

渋谷交差点

ここ数年は、渋谷の話題を耳にする事が多い。 街には、タケノコが生えるペースでグングンと高層ビルが立ち並び、その中の1つには天下のグーグル日本本社もやってくる。一方で、駅は不便になった、乗り換えがわかりにくいという、不満のニュースもよく見かけ…

アジカンと江ノ電

アジカンはかつて「サーフ ブンガク カマクラ」という名のアルバムを出しています。このアルバム、収録曲がすべて江ノ島電鉄の駅名が冠された曲になっているんです。 藤沢ルーザー 鵠沼サーフ 江ノ島エスカー 腰越クライベイビー 七里ヶ浜スカイウォーク 稲…

桜のうた

今年は桜が早かったですね。ざっく関東の花見が来週になっていたけど、完全に散ってそうだね。なぜ来週だったのでしょうか。 そんな訳で、今年の桜の見納めに桜ソングの数々を。マツコの知らない世界の桜特集でも、桜ソングを取り上げていて良かったですね。…

大好きなCDをかけて

こないだテレビで紹介されていた、SUNNY CAR WASH。とても軽やかで、さっぱりとして、若々しいです。 聞いて最初に感じたのは、今や解散してしまった「andymori」に似ているなという事。 みんな同じことを思うのか、You tubeのコメント欄にもその事がたくさ…

付かず離れずメンヘラ

キュウソネコカミは、枯れたのかと思っていました。 3作目のアルバム「人生はまだまだ続く」が個人的には微妙だったし、その後そんなに曲も出さないし、まじめな歌も目立ち始めていたし。 本人たちが「ビビった」の中で自ら歌っていた メジャーに行って1、2…

直感パラダイス

かつて、ヒステリックブルーというバンドがいました。活動してたのはちょうど高校時代くらいかな、すごい好きでした。 この当時は、何故かパクリ的に見られるアーティストが多くいて、ひすぶるも出てきたときはジュディマリのパクリだって言われていましたね…

君と僕が好きなうた

音楽の趣味が合うかどうかって、そんなに話題に上がらないし、みんな気にしないよね。 人との相性の話でよく出てくるのは、「食の好み」とか「金銭感覚」とか「笑いのツボ」とか。 これはきっと「日々食べるもの」とか「お金の使いどころ」とか「何を楽しい…

やっと見つけた

少し昔話をさせていただきます、大学3年生の頃の話。2005年だな。え~… 13年も前ですよ。 夏休みに参加した名古屋のよさこい祭り「にっぽんど真ん中祭り」(以下、どまつり)。その最終日には、名古屋のチーム主催の夜会が開催されました。(確か、夜宵が主…

成人式のうた

【成人式(せいじんしき)】新年早々の祝日。正月ボケからいきなり社会復帰することが困難な大人にとって緩衝材として使われる休日。 今や成人式の認識はこんなものですが、それでもこの時期に成人式のニュースは微笑ましく懐かしさもあります。 パステルカ…

2017年の音楽

終わりゆく2017年。毎年やっているのですが、音楽関係の事柄をまとめます! 今年もCDJに行ってきました 一年総まとめのイベントとして、毎年恒例のカウントダウンジャパンへ。29日に行ってまいりました。今年は、奥さんも参加。 回ったのは DJ:出口博…

バンドを組みました

この夏、よさこいの友達とバンドを結成しました。そして、12月17日に、無事お披露目を迎える事ができました! < わー!!パチパチパチパチ!! 弾けなくて嫌になって解散する可能性や、音楽性の違いで解散する可能性があったので今まで伏せていましたが…

ギンギラ銀山パラダイス

おとといの朝。NHKのおはよう日本でこの曲が紹介されてて、それ以降耳から離れません。 兵庫県にある生野銀山が、マネキンを地下アイドル「銀山BOYZ」に見立てたデビューソングです。 スペルが銀杏BOYZを意識しているのが地味にツボです。 ギンギンギンギ…

コレちゃん

高校時代のバレーボール部には、顧問の先生が3人いました。コレちゃんこと是沢先生(おばちゃん)と、アサクラ(コレちゃんよりは若い女性)と、確か男性の人。 全員バレー素人だから、特に練習も見に来ませんでした。先生が部活に関わっていたイメージは、…

主観的MV

フィルム写真をつなぎ合わせた、MVをチラチラ見かけます。 My Hair is Bad/恋人ができたんだ KANA-BOON/涙 ちょっと前だと、携帯で撮影した動画を繋ぎ合わせたものもあったりしました。 never young beach/お別れの曲 never young beach/明るい未来 登場…

ハトマメ ~何も言えなかったあの日~

先日、アメリカから一時帰国していたTAさんと飲みました。30過ぎて、国際的な活動をしている人が周りに増えてきたましたね。 私の会社も昔はドメスティックでしたが、ここ最近は海外向けの取組みも多く、海外在住で働いている同世代もたくさんいます。 これ…

なんせ今日は君とのセッションでしょ

コンゲツ ゼンゼン カイテナイ… 言い訳すると、大きなイベントがありました。そして、それが終わってしまったんです。 近所の友達のしゃこ君が、本州の北の果てに行ってしまうという事で、みんなで送別会を開催。送別的な事をしたかはよく分からないけど、と…

国を取り返す話

去年、CDJで見かけて、その後も動画を追いかけていた「魔法少女になり隊」。 メンバーの設定とか、曲の雰囲気とか、MVは良いんだけど、いまいち曲はピンとこないんだよね。 この曲も悲しいことに、ボーカルのバジルちゃんがマスクを外して歌いだすまで…

犬にしてくれなんて言わないでくれ

これまで、片思いが好きだって何度か書いてきました。 良いですよね、片思い。片思いしているそこの皆さん、いつでも相談に乗りますよ。 片思い相撲の東の横綱ことback numberは、情景やシチュエーションでうまく説明してくれます。季節に合わせ、にくい洒落…

妄想の果てには歴史ロマン

最近読んだ漫画が2つ。どっちも完結してないけど。 信長協奏曲 小栗旬でドラマ化してましたね。「もし、現代の高校生がタイムスリップして織田信長になってしまったら」という話。 戦国時代の歴史をうっすら知っている信長そっくりの高校生が、タイムスリッ…

今聞きたいゴーイングアンダーグラウンド

ゴーイングアンダーグラウンドを久々に聴きました! アンダーグラウンドの名の通り、デビュー直後以降あまり地表に上がってこなかった感もありますが、ボーカルのルックスにそぐわないさわやかな声と透明感のある曲が最高なバンドです。 そんな中でも、一番…

動けアイポッド

私の音楽プレーヤーの歴史は、後手後手の歴史である。 1999年 中学2年生の私、MDプレーヤー購入 2001年 iPod発売開始、mp3プレーヤーの歴史が始まる 2009年 M2の私、MDの時代は終わった事をやっと感じ取り、iPod購入 2017年 8年使ったiPod、音が止まり出した…

おじの心

姪っ子ができました。土曜に会いに行ってきました。 はじめての血の繋がった赤ちゃん、なんてかわいいんでしょうか。抱き上げているだけで、感じた事のない高揚感で泣きそうになってきます。 お祝いも買ったけど、早く身につけてほしいな。お菓子や、おもち…

砂の惑星

米津玄師が、ボカロP時代の名義“ハチ”でリリースした曲、砂の惑星。 自分が歌う曲は米津名義、ボカロ曲はハチ名義、って使い分けているのかなと思ったら、曲を聴くとそういう訳でもない様で。 2番の「メルトショックにて生まれた生命」という言葉でハッと…