お前らは先に行け!

30代関東リーマンの、日々の暮らしや体験記。

汚い話ですみません

今回は汚い話をします。「うんこ」です。

いやなら、今ここで引き返してください…。匂いがついても補償できません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいんですね…?
警告はしたので、文句は言わないでください。

 

さて本題。

月曜日の日経MJに、今「うんこドリル」なるものがヒットしているという記事がのっていました。さらに同じ日の深夜、伊集院光 深夜の馬鹿力の中でも紹介がされていました。

驚いた事にこの漢字ドリル、すべての例文に「うんこ」というワードが使われているというのです。アイディアが受け、小学生(おそらく男子のみ)にあたり大ヒットしているようなのです。

なるほど、これは面白いですね!
高校時代は、部活の後輩に「うんこ魔神」と呼ばれていた僕としても大変興味深い。

 

ホームページに乗っていた例文は以下のような内容。

【小学1年生】田んぼのど真ん中でうんこをひろった。

【小学2年生】木刀かと思ったらうんこだった。

【小学3年生】このうんこから、絶対に目を離さないでください。

【小学4年生】ドイツの工学博士が、うんこと話せる機会を発明した。

【小学5年生】うんこファンにはたまらない本が出版された。

【小学6年生】うんこパーティーの費用は父が負担してくれた。

これは小学生の僕なら大喜びで漢字書きますわ。今の僕でも喜んでいますから。

学年が上がり漢字が難しくなるにつれ、例文も特殊な内容になっていきます。小6のパーティーはどんな社交会なんでしょうか、妄想が膨らみます。この話をしながら、2時間くらいは平気で飲めるでしょう。

 

『「〇〇」と「うんこ」を使って文章を考えろ』

というお題の大喜利の解答本としても楽しめそうですが、2つの縛りがあるので文章を考えるの相当大変だったろうなと感じます。

 

1つ目の縛りは、「うんこ」というキーワードを使わなければならないこと。おなか痛いとか、トイレとか、表現の言い換えが許されないんですよね。どうしても組み合わせにくい言葉もあったろうに。

2つ目の縛りは、フェチに寄ってはいけない事。
小学生向けのドリルだから、大人的なうんこの使い方をしちゃいけないんだよね。ええ、あまり多くは語らないでおきますが、この配慮が大変だったろうなと。

 

伊集院のラジオでも言っていましたが
「これを親が買ってきて、それを受け入れて子供が解く」
というのが小学校中盤で以降で成り立つのでしょうか。

そんなツッコミどころも含めて、楽しい話題でした。

 

吉祥寺だけが住みたい街ですか?

毎年発表される「住みたい町ランキング」。

都会部分に限られているランキング、言ってみれば非常にローカルな話題にもかかわらず大きくニュースになったりするのは、ある種このランキングが時流を計る物差しと解釈されているからでしょうか。

このランキングずっと吉祥寺が1位だったのですが、2016だけ恵比寿、2017は再度吉祥寺が1位になっている背景がございます。

 

そういった、前提の上に成り立っているマンガ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」 

吉祥寺にある老舗不動産屋を舞台にした1話完結型。
各話とも基本的にほぼ同じ構成です。

  1. 不動産屋に、吉祥寺で家を探している人がやってくる
  2. いろいろ聞いて「吉祥寺よりもいいとこあるよ」と別の街へ移動
  3. 街を紹介
  4. お客さんが引っ越そうと思った経緯(悩み)を語る
  5. その町に引っ越しを決めて、新しい人生の一歩を踏み出す

お客さんも若めの単身女性ばっかりだったり、悩みも似ていたりで、後半は若干飽きてきちゃいましたが、各話ともに生活者目線で街を紹介してくれる所が楽しいです!

 

そんな中、私が住んでいる錦糸町をテーマにした話がありました。

 

この錦糸町、若い女性や小さい子供のいる家族には、お世辞にも住むのをお勧め出来る様な街ではありません…

平日夜は、巨大な歓楽街から現れたチャラ男風のキャッチや、「マッサージあるよ」を連呼する中国人のおばさんであふれる一方、休日昼には、場外馬券場に向かう競馬新聞とワンカップを握ったおじさんが大量にやってきます。
つまり…治安が良い街ではないんですよね。。。

最近では、そんな昼と夜で発生するモンスターが違う事に気付いたポケモントレーナー達も参戦。駅前広場にはポッポとコラッタを捕獲すべく、スマホを眺めたまま立ちつくしている人が本当に多いです。

 

こんな実態なのですが、マンガの中で錦糸町に訪れた女性は
「おじさんが多くてホッコリする~」といった切り口で紹介。

えー!!しないでしょ、おじさんでほっこりは!
いやいや、文句風なことばっかり書いちゃったけど、魅力はたくさんあるのよ!

 

  • 商業施設が多い
  • 都心部へのアクセスめちゃいい、いろいろ通ってる
  • 北側には錦糸公園、南側も清澄・森下あたりまで行けば大きい公園が多い
  • 周り墨田川、両国、スカイツリーといった江戸の観光地が多いから、チャリがあれば行けるところたくさん。
  • おいしい老舗&こじんまりとしたおしゃれなお店が多い

 

人付き合いとかイベント参加とかすると、もう少し別の魅力も見えてくるんだろうな。東京の駅のイメージがつくなら、街紹介を見る感じで結構面白いと思います。

吉祥寺だけが住みたい街ですか?(1) (ヤンマガKCスペシャル)

吉祥寺だけが住みたい街ですか?(1) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 

四国西側縦断旅行

GWをずらして、3泊4日で四国に旅行に行ってきました。
愛媛に行ったことのない僕と、高知に行ったことのない奥さんの折衷プロジェクト。

 

広島の尾道から、瀬戸内海の島を結ぶしまなみ海道を自転車で縦走し愛媛入り。
愛媛からはレンタカーで、高知まで回ってきました。

 

陸海空とあらゆる交通手段を駆使して大いに疲れたけど、たくさん面白いところを回れました。特に2日間かけてしまなみ海道を渡ったのは、疲労的にも楽しさ的にも、僕の自転車人生の恐らくピークだった事と思います!

この2日間のために自転車の乗り方を学んできた様に感じたので、残りの自転車人生は下り坂となりそうです。 

 

f:id:aruaradio:20170514220226j:plain
自転車を載せて海も渡る。

 

f:id:aruaradio:20170514220228j:plain
島を結ぶ橋を渡るたびに、とんでもない高低差で死にかける。

 

f:id:aruaradio:20170514220231j:plain
お遍路参りした友達にお勧めされた四国カルスト、絶景。

 

f:id:aruaradio:20170514221445j:plain
5年ぶりのひろめ市場。さすがにひろめカレーを食べる訳にはいかない。

 

f:id:aruaradio:20170514221454j:plain f:id:aruaradio:20170514221449j:plain
分かりやすい県境を2つ見かける。

 

f:id:aruaradio:20170514221447j:plain
今年の後半はたくさん旅行に行くぞよ!!

何回も繰り返し僕ら乾杯をしたんだ

先日、お友達のめんまちゃんの結婚式2次会に行ってきました。
イン仙台。

美しいめんまちゃんの晴れ姿を見れたり、久々の友達に会えたり、とても楽しい会でしたが、特に印象的だったのは両方の友達。

いろんなコミュニティから集まった幅広い年齢の人たちが、みんな各々に凝った余興を準備していて、全力で2人をお祝いしたいという思いが溢れていました。素敵な友達ばかり。
2人の暖かい人となりゆえなんだろうね、幸せな時間だったわけです!

f:id:aruaradio:20170509232602j:plain

 

式のBGMは、旦那さんがファンだとかでミスチルが中心。懐メロも多くてよかったな~。退場には名曲「擬態」がかかりました。

久々に聞いたもんで、テンションが上がりました!

 

この擬態、1,2番だけだと何を言っているかよくわからなくて特にコメントはないんだけど、感想の後のCメロで、曲のテーマを急にがっつり説明するのがいいんだよね。

富を得た者はそうでない者より  満たされてるって思ってるの?
障害を持つ者はそうでない者より  不自由だって誰が決めんの?
目じゃないとこ  耳じゃないどこかを使って  見聞きをしなければ
見落としてしまう  何かに擬態したものばかり

ご存知の通り何十年にも渡ってJ-POPのトップランナーというだけあり、こってりしたラブソングから、社会風刺の効いた曲までレンジも広いですが、この最後のサビの前にがっつり言いたいことを言う感じ、「難しい言い方しちゃったけど、こういうことなんだ。それを踏まえてもう一回サビ聞いて!」ってなミスチルの魅せ方の持ち味。
すごい、いいですよね!

 

「掌」も同じような構成だけど、「下ネタソングかと思ったらメッセージソングです。けど、恥ずかしいから下ネタに戻しちゃお」みたいのもいい。

ひとつにならなくていいよ  認め合うことができればさ
もちろん投げやりじゃなくて  認め合うことができるから
ひとつにならなくていいよ  価値観も  理念も  宗教もさ
ひとつにならなくていいよ  認め合うことができるから
それで素晴らしい

 

 

パーティの中でたくさんのラブソングとラブムードで溢れていましたが、おそらくかかっていなかった僕の一番好きなミスチルの曲をめんまちゃんに送り、今回は結び。

おめでとう!乾杯!

www.youtube.com

 

江戸川コナン…探偵さ!

このGW、奥さんがずっと名探偵コナンを見ていました。
撮りだめた映画だったり、漫画だったり。

聞くところによると結構話が進み、真相に近づいているらしい。
まじか…一生終わらないと思ってた。

 

僕は映画版はほとんど見たことなくて、知っている事といえば「時計仕掛けの摩天楼」って響きと、必ず「らーーーーーーん!!!!」ってシーンがある事くらい。

聞くところによる映画だと、アガサ博士のヒミツ道具が大活躍。その数も相当数に及んでいるようでした。

定番の、

  • キック力増強シューズ
  • ターボエンジン付スケートボード
  • 蝶ネクタイ型変声機
  • 犯人追跡メガネ
  • 犯人追跡用ボタン型発信機
  • 時計型麻酔銃

から、うっすら見たことがあるような

  • イヤリング型携帯電話
  • 探偵団バッジ
  • ボタン型スピーカー
  • 腕時計型ライト
  • 盗聴機能付カフスボタン
  • ボイスレコチェンジャー

さらには、そんなのあるんかいという、

  • 小型酸素ボンベ
  • 風邪と同じ症状をだす薬

に加え、幻のアイテム

  • 弁当型携帯ファックス

まで多種多様。

 

漫画連載開始から20年がたってしまったため、時間の流れから切り離された米花町と、現実社会での科学の進歩のギャップにより、作中のアイテムが携帯電話の進歩に追い越され、「大体スマホで代用できる」事案が発生してしまいました。

幻のアイテム  弁当型ファックスは、当時は「何でファックスと弁当を一緒にしてるんだよ!」という突っ込みだったはずなのに、今や「今更ファックスなんか使わねえよ!」という突っ込みの質の変化まで発生してしまいました。

 

原作ではそんなに見た記憶のないアイテム

  • どこでもボール射出ベルト
  • 伸縮サスペンダー

あたりが、無限に膨らむクッション製造機と無限に伸びる固定具として、現代でも通じる万能アイテムとなっているようでした。 

やばいですねアガサ博士。やばい。